2015年06月17日

第18回「夜行軍」3年ぶりの開催!

 昨年雨天で開催できなかった第18回「夜行軍」が、予定通り6月6、7日開催されました。今年も間際まで天気には気をもみましたが、当日は雨に降られることもなく無事終えることができました。
 今年は、神奈川県南足柄市、夕日の滝バンガローを拠点に、20家族59名の参加者、22名のスタッフ、総勢81名で取り組みました。

<6日13:50開会式>
   01.jpg 02.jpg

<14:30夕日の滝バンガロー・スタート→地蔵堂>
 夕日の滝から流れる川に沿って、金太郎の生家跡や遊び石など、金太郎にまつわる史跡を横に見ながら歩きました。
   03.JPG 04.JPG

   05.JPG 06.JPG

<地蔵堂→見晴台>
 地蔵堂から20分くらい歩いた所で、足柄古道に入りました。何度が車道を横切り、見晴台で休憩。1回目のスタンプ。

   07.JPG 08.JPG

   09.jpg 10.jpg

   11.jpg 12.JPG

   13.JPG 14.JPG

   15.JPG

<見晴台→足柄関所跡>
 足柄関所跡で上り道は終わり。子供、大人それぞれに関所クイズ。子供たちは1問目で全員合格。大人は…J先生が最後一人がんばりました。

   18.JPG 19.JPG

   20.JPG 21.JPG

<足柄城址> 
ここで夕食と親子でお互いの似顔絵描き。天気が良ければ富士山の絶景が眺められますが、あいにくの天気でした。

   22.JPG 23.JPG

   24.JPG 25.JPG

   26.JPG 27.JPG

   28.JPG 29.JPG
   30.JPG 31.JPG

   32.JPG 33.JPG

   34.JPG 35.JPG

   36.JPG 37.JPG

   38.JPG

   39.JPG 40.JPG

   41.JPG 42.JPG

   43.JPG 44.JPG

   45.JPG

<足柄城址→万葉ファミリーコース分岐→あしかりの郷>
万葉ファミリーコース分岐あたりで7時前くらい。いよいよ日が暮れて、ヘッドライト点灯。そして、ここからあしかりの郷までが、杉林の急な下りで最大の難所。気を引き締めて無事下りきり、あしかりの郷で3つ目のスタンプ。

   46.JPG 47.JPG

   48.JPG 49.JPG

<あしかりの郷→車止め>
ここからは緩やかな下りの一本道。まずは足柄城址で描いたお父さん、お母さんの似顔絵を子供たちだけで先行し、木に吊るしてあるバスケットの中に各々が置きながら歩きました。次は交代でお父さん、お母さん方が絵を置く…。そして、自分の絵だと思われるものを選び、車止めで絵合わせ。かなり迷って選んだ人もいましたが、全員が取り違えることなく各々の似顔絵を手にしました。

   50.JPG 51.JPG

   52.JPG 53.JPG

   54.JPG 55.JPG

   56.JPG 57.JPG

   58.JPG 59.JPG

   61.JPG 62.JPG

   63.JPG 64.JPG

<車止め→地蔵堂→21:40夕日の滝バンガロー・ゴール>
茶畑の間を下り、地蔵堂に戻る途中の山道、樹上にキラリと光る目と木々の間を飛ぶ“ムササビ”の目撃情報がありました。地蔵堂を過ぎて、いよいよゴール!お母さん方のお出迎え。乾杯をして、早速夜食を頂きました。メニューは焼きうどん、カレー、煮物…。かなりの涼しさ(寒さ)でしたので、暖かい食事が体に優しかったです。

   65.JPG 66.JPG 

   67.JPG 69.JPG

   68.JPG

<7日6:30起床→朝食準備→朝食→閉会式→11:00解散>
   70.JPG 71.JPG

   72.JPG 73.JPG

   74.JPG 75.JPG

   76.JPG 77.JPG

   78.JPG 79.JPG

   80.JPG 81.JPG

   82.JPG 83.JPG
   
   84.JPG 

今回も多くの方々のご協力の下、無事「夜行軍」を終えることができました。各々のファミリーが、そして“あすなろ”というファミリーが、夜道を共に歩き、ごはんを作って、ごはんを食べ、眠る…。それが「夜行軍」ではないでしょうか。次回は再来年開催ということになります。ご意見、ご感想等、コメント是非お寄せ下さい。
   




   
posted by 山本村雄二郎 at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

昨年のリベンジ!第18回「夜行軍」開催!!下見、行ってきました!!

 昨年、大雨のために開催を断念しました、第18回「夜行軍」を今年開催することになりました。コースや行程は昨年と変更なく、金太郎の生地、足柄山方面を歩きます。ゴールデンウイーク中の、4/29〜5/1に1泊2日でリアルタイムの下見に行ってきました。参加者はあすなろ講師2人のほか、運転手の大瓦さん、あすなろのお父さん方、鈴木さん(村人の会村長)、白井さん(村人の会庶務)、横山さん、あすなろOBの旭さん、大瓦さんのお知り合いの豊田さんで行いました。

   DSC04374補.JPG DSC04377補.JPG

   DSC04376補.JPG DSC04379補.JPG

   DSC04382補.JPG  DSC04383補.JPG

 今回の宿泊先は昨年予定していた、≪ez.BBQ.country≫の隣にある≪夕日の滝バンガロー≫。金太郎が産湯に使ったという、夕日の滝の直ぐ下、川沿いにあるキャンプ場です。バンガローのほか、川沿いにテントサイトがあります。
 コースの前半は、点在する民家の間に、金太郎の生家跡地や金太郎の力石(石を持ち上げて遊んだらしい!?)、地蔵堂など、金太郎にゆかりのある場所を横に歩きます。

   DSC04384補.JPG DSC04385補.JPG

   DSC04386補.JPG DSC04387補.JPG

   DSC04375補.JPG DSC04389補.JPG

 上りは、車道をぬって足柄古道を歩きます。頂上は足柄峠で関所跡や足柄城址があります。天気が良ければ御殿場の街並みを下に、雄大な富士山が眼前に広がります。 下りは林の中をひたすら下ります。
 リアルタイムの下見では、フクロウの声や、満点の星が印象的でした。昨年流れた企画ですので、準備は万端。あとは当日の好天を願うばかりです!!

                       ― 募集要項 ―
<日 時>   平成27年6月6日(土) PM1:00 〜 6月7日(日)AM11:30
<参加対象>  小学1年生以上の子供。いっしょに歩行するお父さん、またはそれに代わる人。炊き出しをして下さるお母さん。
<参加費>   大人(高校生以上)  バンガロー泊〜7,560円 テント泊(持参)〜6,480円
        子供(小、中学生)  バンガロー泊〜3,780円 テント泊(持参)〜2,700円 
幼児(キャンプ場に宿泊する歩行しない2才以上の幼児) 
バンガロー泊〜 864円 テント泊(持参)〜無料
*以上は税込費用です。
*参加費用は開催諸経費、宿泊費、食費、保険料等が含まれます。
<申し込み>  申し込み書に記入のうえ提出またはファックス頂き、参加費については下記振込先にお振込み下さい。
    [振込み先]みずほ銀行新百合ヶ丘支店(普通)2043504 特定非営利活動法人芸術村あすなろ
<申し込み締め切り> 5月26日(火)
<中止・キャンセルの場合>
  *荒天の場合はコースの変更、または中止の場合があります。
  *中止の場合の参加費については、開催準備費用分を差し引いた額を返金致します。
*キャンセルについては6月1日(月)まで受け付けます。それ以降のキャンセル、参加費の返金はできませんのでご了承下さい。
<説明会> 5月16日(土)PM6:15〜 宮前平芸術村ホール 
<コース・スケジュール>
   6/6(土)PM 1:00 夕日の滝キャンプ場 集合・受付・スタート準備・開会式
            2:30 夕日の滝キャンプ場 スタート→地蔵堂→足柄関所跡→
                足柄峠→足柄万葉公園→あしかりの郷→
          10:30 夕日の滝キャンプ場ゴール 夜食
          11:45 就寝
  6/7(日)AM 7:30 起床・朝食準備・朝食
          11:00 閉会式
           11:30 解散
    *集合は現地キャンプ場になります。
    *スケジュールについては若干変更する場合があります。
    *宿泊はバンガローかテントになりが、バンガローの場合は相部屋となります。また、テントの場合は各自持参頂きご家族での宿泊となります。尚、テント泊についてはサイトの数が限られますので、お早目にご相談下さい。
*持ち物等詳細につきましては別紙にてご確認下さい。
<宿泊先> 夕日の滝キャンプ場  
      〒250-0136 神奈川県南足柄市矢倉沢2325 TEL.0465-74-5812(佐藤) 
<お問い合わせ>
      NPO法人芸術村あすなろ   〒216-0023川崎市宮前区けやき平1-16-103 
     (宮前平芸術村ホール)   TEL.044-853-1649 FAX.044-888-8844                                              (担当)山本 雄


        




posted by 山本村雄二郎 at 12:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

2014は夜行軍開催年!コース下見に行ってきました!!

 今年、2014年は「夜行軍」開催年です。コースは2002年に歩いたコースで、12年振りとなる、金太郎にまつわる足柄山周辺のコースです。4月30日と5月1、2日には1泊2日のコース下見に行ってきました。
 スタートはベースキャンプとなるezBBQCountry。南足柄市の夕日の滝のすぐ下にあるキャンプ場で、名前でわかるようにコテージが建ち並ぶしゃれたキャンプ場です。夕日の滝は金太郎が産湯につかったと言われる滝で、最近、芸能人が滝行を行ったりしたこともあり、週末には滝行に来る方が多いようです。

   DSC09650.1.jpg DSC_1856.2.jpg

   DSC09656.6.jpg DSC09651.3.jpg

   DSC_1880.4.jpg DSC09653.5.jpg

   DSC09643.7.jpg DSC09416.8.jpg

 さて、コースはキャンプ場からいったん下って行きます。途中、金太郎の生家跡、金太郎の遊び石などを通り過ぎ、地蔵堂(地蔵菩薩をまつった建物)に向かいます。ここまでは山里ののどかな風景の中を歩きます。

   DSC09657.9.jpg DSC09660.10.jpg

   DSC09662.11.jpg DSC09658.12.jpg

   DSC09659.13.jpg DSC09664.14.jpg

 地蔵堂を過ぎて、こんどは足柄峠に向かって上っていきます。しばらくは県道を歩きますが、やがて「足柄古道入口」の道標があり、そこから昔ながらの峠越えの道になります。1時間も上らないうちに足柄関所跡につきます。

   DSC09665.15.jpg DSC09666.16.jpg

   DSC09425.17.jpg DSC09426.18.jpg

   DSC09669.19.jpg DSC09429.20.jpg

 足柄関所跡の目と鼻の先は、コースでの最高所地点、足柄峠(736m)です。一帯は足柄城址でもあり、ここからの富士山の眺めは圧巻です。眼下は御殿場で、アウトレットなども肉眼でわかります。富士山は裾野から雄大に広がります。当日は好天を期待しましょう。

   DSC09430.21.jpg DSC_1874.22.jpg

   DSC09679.23.jpg DSC09435.24.jpg

 足柄峠をあとに、今度は尾根伝いに矢倉岳方面へ向かいます。途中、万葉公園を通過し、万葉ファミリーコースの道を分けます。ここからは、杉の植林帯をどんどん下っていきます。杉の根元を歩きますので、景色の変化もなく、場所によっては道を見失いそうあ所があり、尚且つ当日は真っ暗な中を歩くことになるので、箇所箇所に荷造り紐でマーキングしながら下りました。30分くらい下ると、「あしかりの郷」につきます。ここはかつて自然公園だったのでしょうか?何となく周りが散策できるように整備されているようですが、今は人の手が全く入っておらず、東屋だけがぽつんと残っています。ここからはゆるい下り道で、お茶畑の中を下ると、地蔵堂近くの県道に出ます。ここからはキャンプ場まで来た道をもどります。

   DSC09436.25.jpg DSC09674.26.jpg

 下見では、夜8時過ぎにキャンプ場につきましたが、当日は9時半くらいになると思います。この日のキャンプ場は我々しかおらず、出迎えは満点の星空と、小さな街灯のみでしたが、キャビンでは女性スタッフの山本牧子先生に夕食を作ってもらっていたので、生還を祝して乾杯をしました。キャンプ場の設備を使っての食事作りも、大事な下見のチェックポイントですので、酒宴が目的ではありません。あしからず…。   
 今回のコースは、数多い「夜行軍」のコースの中でも、距離が一番短く、上りもきつくなく、体力的に自信がない方(おそらく子供よりお父さん)でも心配なく歩けるコースだと思います。山里の風景や、金太郎にまつわる史跡を眺めながらの道、そして、なんといっても足柄城址からの富士山の絶景がすばらしいコースです。当日、足柄峠到着は夕方になりますので、夕焼けに染まる富士山が目の前に広がることと思います。
 最後に、参考まで金太郎にまつわるお話を以下貼り付けます。

 
 むかしむかし、地蔵堂に四万長者といわれたお金持ちがありました。この長者に一人の娘さんがいました。この娘さんは大変美しいひとで、そして男にも負けないようなしっかりした娘さんでした。
 そのころ、いまの開成町に坂田氏という、大変勢力の強い侍が住んでいました。この坂田氏に見込まれて、そこにお嫁に行くことになりました。ところが、その後訳があって、そのお嫁さんは自分の生まれた地蔵堂のお家へ帰らなければならなくなってしまいました。その時に、お嫁さんのおなかには赤ちゃんがいました。そして、地蔵堂に帰って間もなくまるまると太った男の子が産まれました。名前を金太郎と付けました。金太郎はとても育ちの良い赤ちゃんで、ぐんぐんと大きくなりました。目はぱっちりして、色白で、頬は紅を差したように真っ赤で、それはそれは本当にかわいい子でした。小さい時分から人一倍元気がよく、家の前の田圃のかぶと石や、たいこ石にかけあがったり、とびおりたりしてあばれまわって遊びました。青年になった金太郎は、名前を金時と改めました。金時は体は大きく、近くの村々でも評判の器量好しで力持ちの立派な若者になりました。
 そのころ、都で一番強かった大将に、源頼光という人がいました。この頼光が東の国の方に用があってきた帰り道に、足柄峠を通ることになりました。大勢の家来を連れて地蔵堂に来ました。地蔵堂を通り過ぎると、峠までの道はいよいよ険しくなります。一休みして元気に峠までということで、茶店でお茶を飲んでいると、そこを通りかかった金時を見て頼光は驚きました。こんな山の中で、このような器量好しの力持ちの若者に会うことのできたのは一体どうしたことだろうか。これは神様にお引きあわせかもしれないと思いました。そして、金時に自分の家来になるように勧めました。〜
 
誰もがその名を聞いたことがある「金太郎」は、「坂田金時」という名で歴史上に実在した人物とされています。
 


        ― 募集要項 ―

<日時>平成26年6月7日(土) PM1:00 〜 6月8日(日)AM11:30
<参加対象>小学1年生以上の子供。いっしょに歩行するお父さん、またはそれに代わる人。炊き出しをして下さるお母さん。
<参加費>   
大人(高校生以上)8,100円 
子供(小、中学生)4,320円
幼児(キャンプ場に宿泊する2才以上の幼児)1,080円 
*以上は税込費用です。
*参加費用は開催諸経費、宿泊費、食費、保険料等が含まれます。
<申し込み> 申し込み書に記入のうえ提出またはファックス頂き、参加費については下記振込先にお振込み下さい。
   [振込み先]  みずほ銀行新百合ヶ丘支店 (普通) 2043504
           特定非営利活動法人芸術村あすなろ
<申し込み締め切り> 5月27日(火)
<中止・キャンセルの場合>
  *荒天の場合はコースの変更、または中止の場合があります。
  *中止の場合の参加費については、開催準備費用分を差し引いた額を返金致します。
*キャンセルについては6月2日(月)まで受け付けます。それ以降のキャンセル(参加費の返金)はできませんのでご了承下さい。
<説明会> 5月18日(日)PM6:00〜 宮前平芸術村ホール 
<コース・スケジュール>
   6/7(土)PM 1:00 ez BBQ country集合・受付・スタート準備・開会式
            2:30 ez BBQ countryスタート→地蔵堂→足柄関所跡→
                足柄峠→足柄万葉公園→あしかりの郷→
          10:30 ez BBQ countryゴール・夜食
          11:45 就寝
  6/8(日)AM 7:30 起床・朝食準備・朝食
          11:00 閉会式
           11:30 解散
*集合は現地キャンプ場になります。
*スケジュールについては若干変更する場合があります。
*宿泊はコテージかテントになりが、コテージの場合は相部屋となります。また、テントの場合は各自持参頂きご家族での宿泊となります。宿泊場所についてはご相談のうえ対処させて頂きます。
*持ち物等詳細につきましては別紙にてご確認下さい。
<宿泊所>  
ez BBQ country  〒250-0136 神奈川県南足柄市矢倉沢滝下2230
TEL.0465-46-7353 http://www.ezbbq.com/ country/
<お問い合わせ>
     NPO法人芸術村あすなろ  〒216-0023川崎市宮前区けやき平1-16-103 
     (宮前平芸術村ホール)   TEL.044-853-1649 FAX.044-888-8844                             (担当)山本 雄


  
posted by 山本村雄二郎 at 19:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。